地方と都会の社会を比較検証してみる northernbikers.com

あなたにとっての住みやすい地域


地方と都会の社会を比較検証してみる
トップ » 社会

Contents

運営者情報

地域の意識が住みやすさの決め手になる

子育てしやすい環境、老人が安心して暮らせる地区など、どこが住みやすいかを決める基準が各々あります。保育園の数、自治体の雰囲気など地域によって違いますが、お互いがお互いを気遣って生活することが一番ですね。どこが人手不足で自分は何ができるかを考えるとまだまだやれることが出てきますね。協力体制やボランティア精神を高めつつ、長時間の拘束をせずに短時間で交代制にするなどから考えると、自分にもできることが見つかります。「ちょっとしたお手伝い」の気持ちが住みやすい環境を作るのではないでしょうか。

社会化が難しい大人にならないために

現代の日本は少子化問題が深刻です。結婚適齢期の世代の年収が伸び悩み、子育て支援などが不十分であるためです。そのため結婚しても一人子供をもうければ良いほうだと言えるのです。たった一人の子供であると、つい両親は過保護になりすぎる傾向も見られるのです。過保護な状態を放置すると大人になっても社会人としてうまく人付き合いできない状態になりやすいかもしれません。こうした社会化が難しい大人にならないために、親はある程度子供を厳しく育てることも大事なのです。

地方で暮らす。余裕をもって、充実人生。

都会暮らしに慣れていると、電車は込んで当然、道路は渋滞して当然です。地方に暮らすよさは、のんびりできる、自然がある、などがすぐに思い浮かびますが、通勤時間の長さやストレスがない、というのは、住んでみるとよくわかります。都市から地方に移住すると、毎日の生活に余裕ができます。適度に都会化したコンパクトなまちに住むと、知人、友人と会う、待ち合わせをするなんていうのもすぐにできます。日々の暮らしでムダになっていた時間に習い事をしたり、スポーツをしたりも簡単です。